二重の女性

ふたえ整形手術を大阪で行うときは理想の瞼をしっかり決めておこう

大阪のふたえ整形の施術を一度で済ませるには

女性の外見をよくする方法の一つに整形があります。施術によって顔の形を少し変えるだけで、女性の印象はかなり変わります。またコンプレックスとなっていた部分を取り除くこともできるので、外見を変えるだけではなく、自分のメンタルも変えられるのです。整形の中でも目を二重にするふたえ整形をするとかなり女性の印象が変わります。自分のルックスを変えて、まわりから良い印象を持ってもらいたいと思っている女性の中には、ふたえ整形をしようとしている人も大阪で目立ちます。
ふたえ整形は自分の印象をよくしてくれるメリットがある反面、費用が少し高くなってしまう面のが悩みどころです。そのため、脱毛のように数回にわたって大阪のクリニックに通うのではなく、一度で施術を済ませたいと考えている女性も多いのではないでしょうか。そのような場合は、切開法によってふたえ整形の手術を受けるのが効果的です。これはまぶたを数センチ切開して二重を作ることによって行う方法です。他の施術方法とは違い、一度行えば基本的にその状態を維持することが可能です。完成するまでや傷が目立たなくなるまで数カ月間かかってしまいますが、その後の施術はいりません。何回も大阪のクリニックに通う必要もないので、トータル的な費用も安くできるのではないでしょうか。

大阪の病院で行うふたえ整形の全切開法と部分切開法

大阪で話題のふたえ整形で、消えない二重を作りたい場合に受けるのが、切開法です。しかしながら切開法は、一度受けてしまうと、直すのが大変です。切開法を受ける場合、どのような二重にしたいのかを、明確にする必要があります。どのような二重にしたいかによって、切る幅は大きく違います。ふたえ整形で切るときは全切開法と部分切開法の二つが考えられるので、どちらがいいか大阪の医者とよく相談して決めましょう。瞼が厚い人には、ふたえ整形の中でも全切開法がお勧めです。全切開法を行うことで、大きな二重を作ることが可能になります。また、効果はずっと続くのも利点と言えます。ただし、腫れや痛みといったダウンタイムは、部分切開法よりも、長くとられます。
また、二重は大きければいい、というわけではありません。切るラインが大きすぎると、見た目が変になる可能性もあるので、注意してください。部分切開法は、瞼の一部分を切る方法です。全切開法よりも、痛みや腫れといった、ダウンタイムも少ないのが特徴です。ただし、年をとって皮膚にたるみが出てきた場合は、二重のラインが崩れる可能性があります。全切開法と、部分切開法、どちらがいいかは人によって違ってきます。どのような二重にしたいか、イメージを固めてから、大阪の病院にカウンセリングに行きましょう。

大阪で2回目のふたえ整形と埋没法を検討する際について

ふたえ整形で二重まぶたを作ると、段々二重のラインが狭まることになります。まぶたに糸を通して二重まぶたを作る埋没法は、まぶたを切開する切開法より二重ラインの持ちが短いとされます。そのため大阪でも、1回ふたえ整形で埋没法を受けたら2回目の埋没法を勧めずに、切開法を勧める医師が多いとされるので、大阪でも医師によって意見が異なります。なので、2回目の埋没法を受けるかは、基本的に二重まぶたがどれくらい持続したかで判断されます。
埋没法を受けてから1年経たずに二重が取れた場合は、一般的に切開法が勧められています。なぜなら、再び埋没法を行ってもすぐに取れる可能性が高いとされているからです。とはいえ、どうしても埋没法を受けることを伝えれば、大阪のクリニック側は二重が取れにくい埋没法を勧めてくれます。
他にも、埋没法を受けてから3年以上二重まぶたが持続した場合は、埋没法と切開法のどちらでも普通に受けることができます。ちなみに、埋没法は3?5年ほど二重ラインが持続する傾向にありますが、1?3年で二重が取れることもあります。2回目の埋没法を受ける際は、3年未満で二重が取れた場合は平均以下の持続として扱われることになるので、持ちの良いふたえ整形・埋没法を受けることになります。逆に、埋没法で3年以上二重まぶたが持続すれば、2回目の埋没法は埋没法の一般的なやり方となる2点止めを受けることになります。


ふたえ整形の大阪の美容外科は多くの女性を美しくしてきたのです!
大阪にあるコムロ美容外科クリニックでは、理想の二重整形を手に入れれるのです!ふたえの整形で悩んでいる方はぜひコムロ美容外科に依頼しましょう!

Menu

Site map

Copyright © 2017 ふたえ整形手術を大阪で行うときは理想の瞼をしっかり決めておこう All Rights Reserved.